英国式金管バンド Brass Band Fellows 第10回定期演奏会

クレフ楽器トランペット講師の鈴木先生が指揮をされています。

英国式金管バンドBrassBandFellows第10回定期演奏会

Fellows in Concert Vol.10  Selections  of  You   5年間のありがとう

2017年10月21日(土)  開場 13:00  開演 13:30

曳舟文化センターホール (京成線「京成曳舟駅」徒歩1分  東武線「曳舟駅」徒歩3分)

入場料 500円 (全席自由) 当日券のみ

曲目

ポール・ラヴァット・クーパー/タイトル未定(委嘱作品)

フィリップ・スパーク/ドラゴンの年

ルイ・プリマ/シング・シング・シング

アラン・メンケン/美女と野獣  他

お問い合わせ先 Email brassbandfellows@gmail.com    TEL 080-3777-8327(吉川)

 

第10回記念演奏会。お客様からのリクエスト”のみ”の演奏会です。楽しい企画ですね。

もう一つ記念演奏会に相応しい企画。世界初演、ポール・ラヴァット・クーパーの委嘱作品が演奏されます。

“英国式金管バンド”についてちょっと説明させていただきます。英国式ってなんでしょう?

イギリスで始まった金管バンド。(なるほど、それで英国式ですね)
コルネット・フリューゲルホルン・テナーホーン・ユーフォニウム・トロンボーン・バス・パーカッションで構成されています。

吹奏楽もブラスバンドと呼ばれているので、区別するため英国式ブラスバンド(ブリティッシュスタイルブラスバンド)といわれています。日本でもこのスタイルは人気で、プロ・アマチュア問わずたくさんの団体が活動しています。

オリジナル作品も多く、現代の多くの作曲家が曲を書いています。
ポール・ラヴァット・クーパーもその一人。ブラックダイクバンドの打楽器奏者兼作曲家。
今回作曲者ご本人に直接メールにて交渉。この企画が実現したとのことです。
どんな曲か(タイトル未定ですから・・・)楽しみです。